めんこい野鳥

北海道帯広から発信してます

マガモのお母さんがいなくなった②


大雨の次の日・・・川に着く。


昨日は2羽しか確認できなかった雛たちはどうなってるのか。


恐る恐る雛を探すと・・・おおお~~ いたいたいた 生きてたよー


1,2,3,4,5・・・


7羽から5羽になってたけど、雛たちがあまりにも元気、元気で・・・


2羽は残念だけど、5羽も生きててくれた事に感謝するわ。 


うれしいね~
              < 親なし5日目、生後16日 >




この雄軍団の存在が生き残れてる源かも・・・


雄は雛が近づきすぎると嘴で威圧をかけるが、いじめはしない。


雛は雄軍団の近くを行動範囲にしてる様だ。


雄軍団の動きを見ながら勉強し、雛なりに安全を確保してるのかな。




さて、今日も元気でいるかな、川に来ました。


いたいた、5羽、ちゃんと無事です。ふ~ ひと安心だ。


少し大きくなったようだ。


元気一杯で泳いでます、うれしいねー

               < 親なし6日目、生後17日 >




今日も無事、5羽いますよ、ふ~安心安心。


親がいないと育たない、と言われるが、生きてもらうしかない。


全滅したら、雛のめんこい写真、見るたびに暗くなるじゃないか。


もっともっと、猛禽、ミンク、カラス、キツネから逃げられる技を


沢山沢山磨かないとね・・・聞いてるかい雛ちゃん?
              < 親なし7日目、生後18日 >




今日も5羽いま~す。 安心だー


日増しに確実に、たくましくなってるよ。


もう、一週間過ぎたね、油断したら天敵にやられるぞ。


これからだよ、ガンバレ、ガンバレ!     ・・・つづく                                                   
                                  

               < 親なし8日目、生後19日 >