めんこい野鳥

北海道帯広から発信してます

カモを襲うミンク


流れが弱く凍らない川が大好きな外来種アメリカミンク。
いつもの川でも増え続けてます。
夜行性だが昼でもよく目撃する、それぐらい数が多いようだ。


春に撮った画像、アメリカザリガニを捕まえてる。



ミンクは肉食で、魚、ザリガニ、両生類、貝、カモ、なんでも食べる。
一ヶ月前に撮った画像、なにかをくわえてる。
鼠色の動物? まさかカワアイサの雛じゃ・・・



いつものようにカモの親子を観察してると急に親が警戒声を発し
飛んで行った。雛を置き去りに・・・まぁいいか(笑)
今度は雛が一斉に散らばった。


なんだ?、ミンクだな、と思い辺りを見回すと川辺の草が動いてたので
夢中でシャッターを押した。
やっぱり画像に黒いミンクが・・・こちらを見てます。




散歩、釣りの人たちがミンクが雛を襲ったり、岸に上がってるカモを
引きずり込むのを見たと言ってます。
先日も3匹のミンクが泳いでた、親子なのかも。


沢山のカモが住んでるこの川でカラスが雛を襲ってる光景は見たこと
がない。カラスは水が苦手らしい。


この川で雛が少なくなるのは獰猛なミンクに襲われてるからかも。
カモ達の一番の天敵は外来種ミンクなのかもしれない。