めんこい野鳥

北海道帯広から発信してます

ハクチョウ


10月下旬になって「冬の使者」ハクチョウが次々と十勝地方全域に
渡って来ました。大部分は本州へ南下しますが、一部は北海道各地、
十勝地方でも越冬します。
白くて大きくて人なつっこいハクチョウは人気者です。





本州の越冬地から帰ってくる3月は、まだ雪も残っておりエサ場も少な
いから、秋の今は幸せだね。広い畑で食べ放題だ。





ハクチョウは家族意識が強い鳥だ、小競り合いの後は家族で円陣を組み
勝どきの声をあげます・・・





ハクガンの群れにハクチョウが飛んできました。
白色同士、白い恋人~ だね! ・・・オイオイ





今年生まれた幼鳥もいます。めんこいね~





こちらは、お母さんと一緒にのんびりです、微笑ましいね~ 




はい、突然、勉強です。
ハクチョウはオオハクチョウとコハクチョウの二種類があり
ここ十勝に来るハクチョウは殆んどオオハクチョウと思われます。
コハクチョウは体が少し小さく首も短い。
オオハクチョウは140センチ、コハクチョウは120センチ
オオハクチョウは嘴の黄色部分が大きく先の方まである。
おじさんは見分けに自信が無いのでハクチョウと言ってます・・・




空を飛ぶ鳥の中で一番重たいハクチョウ。
寿命は10~30年ぐらいだとか、長生きだね~


11月下旬、中継地の沼が凍結するまでに南下します。