めんこい野鳥

北海道帯広から発信してます

雁中継地、三日月沼その後

十勝川下流域中継地で雁達がねぐらとしてる大きな沼は
大沼(豊頃町区域)と三日月沼(浦幌町区域)の2つです。
大沼と三日月沼は10㎞ぐらいの距離がある。今回は三日月沼の話です。


三日月沼は農家さんの敷地に囲まれてるため、少し離れた国道から沼の
一部しか見られません。農家さんの敷地は立ち入り禁止です。


国道から三日月沼の様子を見ます、じーーーーっ・・・





様子を見て10分ぐらいすると雁達が騒ぎだし次々と飛び始めました。
群れの中に白い雁がチラチラ見えました





この日は10月18日、ハクガンが10羽程飛来してました。





一度飛び上がった群れは、また、沼、横の畑に戻ります。
シジュウカラガンの群れと一緒にハクガンが降りました。





15分ぐらいしてまたまた雁達が騒ぎはじめ、一斉に飛び上がりました。





今度は根こそぎ飛び上がった様です。蜂の群れ状態だ・・・
沼全体が見えなかったので、こんなに居たとは、驚きました。
大群は低空飛行で、どんどん沼から離れて行きます。





昼時間だったので食事に出かけたのかもしれない。
一体、何羽いるのか? おじさんにはわかりません・・・


10月初旬時より圧倒的に群れが増えてた三日月沼でした。    つづく